HOMEお問い合わせサイトマップ

×


×


10/10/27 更新
 『シニガミさん』を読んでくれた読者の方々から、たくさんのお便りをいただきました!

 同じ静岡県出身という事で、何冊か絵本を持っています。小・中学校の絵本の読み聞かせボランティアをしていて、その時にこの絵本をみんなに読んであげています。未来は変わる…そんな力を子供達にもって欲しいと思います。オオカミとブタが出てくるお話が多いのですが、絵がかわいらしいので、食べるものと食べられるものの残酷さを感じなくて良いですね。結果的にブタはたべられないところも、わかっているけど気になってしまいます。これからもオオカミとブタのかわいい関係を期待しています。
(30代・女性)

 子どもの読み聞かせで読ませていただきました。我が子は5年生で、内容的に幼いかなと思いましたが、いえいえ、そんなことはなく、みんなキラキラした目で集中して聞いてくれました。宮西ワールド!オオカミの心の優しさその変化に子ども達も便乗するようにうなづきながら(「バカー!あきらめるな!」のオオカミの言葉に)聞いてくれました。そしてシニガミさんの優しさにほっとしました。カバーの工夫がステキです。子どもも興味津々でした。
(40代・女性)  

 よいご本ですね!! すっごく楽しくて普通の絵本とは少し違う感じが新鮮な印象を受けました。 楽しくて、面白くて…わくわくして読みました。 子ども達にもみせてやりたいし、読み聞かせでも使いたいと。 どんな反応が出るか、子ども達の顔が楽しみです。 興味深い絵本に出合えて嬉しいです。 ありがとうございます。
(60代・女性)

 ・表紙のデザインがこっている
・タイトル・話の内容は絵本としてはダークな感じですが…やはり宮西先生ですネ!とゆうラストでした。読み終えたあとはほっこりとした気分だし、コブタが弱気になった時にオオカミが大声で叱ったところはジーンとするし、私も子供たちもいっぺんに夢中になった一冊です。
(40代・女性)

 小学校で読み聞かせクラブに入り活動しています。昨日この「シニガミさん」を二年生で読んだところ「知っている」と返事をしてくれた子供が二人もいました。新しい本ですが、このシリーズは大好きな読者が多いのか…(私のように…)本屋さんでこの本に出会った時うれしくてうれしくてすぐ購入しました。またまたおおかみさんに出会える事を楽しみに待っています。
(40代・女性)

 “当店のおすすめ”のコーナーにあって表紙が気にいって手にとりました。以前買った“あなたをずっとあいしてる”も良かったのでためらわず買いました。それと絵本にしたら、1,000円きれるのは安く感じました。読んでみてやっぱり良かった!!宮西さんの絵はシンプルでゴーカイで好き。
(40代・女性)

 題名みて、絵本にしてはびくりのタイトルと色…。でも、宮西達也さんの絵本は必ず得る物があると思い読みました。一人で声を出して音読でゆっくりていねいにページをめくるたびに、涙が…感動です…。私は小学校で読書ボランティアをしていて毎週月曜日の朝、本を読んであげています。ぜひ子供達に紹介してあげます。子供達の反応が楽しみです。本を通じて何か感じてもらえると思い心こめて読み聞かせますね!!
(40代・女性)

 宮西さんの絵本が大好きです。途中、「え?こんなお話なの?!」とおどろきましたが、やっぱり最後はあったかくてホッとしました。学校司書をしています。小学校2校を担当していますが、私が大好きなので、宮西さんの絵本いっぱい入れています(笑)これからもあったかくてステキなお話まってます!
(30代・女性)

 まず黒い表紙に目がとまりました。宮西さんの絵本は大好きで、他社ですが、「不思議なキャンディーやさん」は子供達にする読み聞かせの会でも大好評です。「シニガミさん」は命の大切さやシニガミなんだけど、優しい気持ちを持っている事など、とても子供達にわかり易い内容だと思います。今の所、私にとっては一番のおすすめの本ですね。
(40代・女性)

 ちいさな小学校の絵本タイムでシニガミさんを読みました。宮西さんのちょっと間抜けた狼は子どもたちに人気者です。シニガミが主役の絵本が目につくようになって、貴社のシニガミで六冊目。子どもたちはどの死神のお話にもびっくり!してしーんと聞いてくれましたが、このシニガミさんの結末にはびっくりしそしてほっとした子供達でした。(死ということを語るのは難しい…でも語っていきたいです)
(60代・女性)

 同じタイトルの落語絵本を持っています。そちらも大変面白いのですが、さすが!!みやにし先生シニガミさんもいのちを救うのですね。子供たちに向けて読むためにやさしい展開になっていたので安心しました。いつも楽しい世界へ連れて行ってくださりありがとうございます。
(60代・女性)

 息子の通う小学校で読書週間の期間に読み聞かせのボランティアをしています。 読む本は自分で選べるので、担当する学年に合わせ、毎回選書から楽しんでいます。 今回、3年生の担当になり、近所の書店で立ち読みをしておりましたところ、 シニガミさんが大変面白く、絶対子どもが喜ぶ本と確信しました!! 色合いもアースカラーっぽく、紙の質は素朴なかんじで 大人が持っていても違和感のない本だと思いました。 読み聞かせの日が楽しみです。
(40代・女性)

 宮西さんの絵本は、いつもいつだってあったかくて、優しいのv 新しいんだ!!と見つけた途端息子に購入しました。 本のカバーも素敵です。 もうすぐ『おまえうまそうだな』の映画も公開します。 とてもとても楽しみです。必ず見に行きますね

 宮西さんのオオカミは大好きです。 丁度、この本の発売日に店頭でみつけ、中もみずに購入しました。 「死んでしまいました」ではないだろうと思いながら、 読んでいく内、オオカミは死んでしまうのだろうと思っていたのですが… 良かった!! けなげなオオカミ、いいですね。
(50代・女性)

 宮西達也さんの作品はどれも大好きで、 私が好きで、子どもに読み聞かせをしています。 絵本は安くないので、なかなか購入はできませんが、 今回はブックカバー(?)のデザインが最高で、手元においておきたくなって購入しました。 娘が病院に2年以上入院していて、そんな娘に「シニガミさん」なんてタイトルをベッドサイトに置くのはどうかとも思いましたが、 今回の話も宮西さんらしく、心をホッとさせてくれる いいお話でした。 3人の子ども達は私が宮に試作品のファンなのを知っているので、映画を見に行こう!!と誘ってくれています。 私は絵本だけで満足なので、映画は…と思っていますが、やっぱり行っちゃうんだろうなー。 これからも素敵な作品を待っています。
(40代・女性)

 インパクトのある表紙にひかれて、思わず手にとってしまいました。 何だか不気味な話なのかな…という予想をしながらページをめくっていくと… どんどん絵本の中にひきこまれ、 いい意味で期待を裏切られ… 最後には心が本当に温かくなりました。 6歳の娘とともに本屋さんで立ち読みをして、 そのままレジに行って購入しました. 娘が大人になっても、大切にできる本がまた1冊増えたvと思い、このであいに感動、感謝しています。
(40代・女性)

 宮西さんの絵本、いつも楽しく読ませていただいてます。 『シニガミさん』は表紙にも目をひかれ、すぐ買ってしまいました。 家でじっくり読んで、ホッとできる一息の時間でした。 ブタとオオカミ…定番ですが、これがまたいい! これからも 楽しみにしています。
(30代・女性)

 子どもが大変気に入って、何度も読んで〜とせがんで来ます。 ラストの大どんでん返しに安心した所のシニガミさんの話の部分が気に入っています。 友人思いも分かりやすくてよいと思います。
(30代・女性)

 「シニガミさん」というブラック奈タイトルと斬新な表紙から手を伸ばしました。 最後はハッピーエンドで「生きる」ということの大切さがメッセージに込められていたと感じます。 しかし、思い切ってブラックなまとめ方でも良かったと思います。 子ども向けの作品ですから、難しいでしょうけども…。
(20代・男性)

  短大で幼児教育を学んでいます。 タイトルも面白く、内容も良かったので幼稚園の実習で読み聞かせに使いたいと思います。 宮西達也さんの作品はどれも面白くて好きです。
(30代・女性)

 子どもの小学校の図書室ではじめて読みました。 絵本ナビの「1回だけ全ページ立ち読み」で再度読み、購入を決めました。 人に一生懸命になると変われるんですね。 食べる対象が友情へと。 死ぬ日を決めるシニガミさんだって、かわるんです。 人はだれでもいつか死にます。 でも、運命は変わる。かえることができるのですね。 シニガミさん、見てますか? 今を一生懸命生きたいと思います。 (カバーの一工夫面白かった。) (娘は一生懸命、シニガミさんを探してました)
(40代・女性)

 宮西さんの絵本、大好きです。 シニガミさんもまめに通う本屋さんで今日見つけて、読んで、即購入です! 表紙の穴空きおめめにやるな〜〜〜とほくそ笑み、子ども達の喜ぶ顔が目に浮かびます。 小学校で週に1回15分間、朝読み聞かせをしているので、子ども達にも「あ、『にゃーご』の人の本だー」って(笑) 明日は『せいぎのみかた』&『シニガミさん』の2本立てで宮西ワールドへ子ども達をいざないまっせー(^□^)
(40代・女性)